FXを始める方向けに作成したFX入門サイト

【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方

なぜ売りは短期間で稼ぎやすいのか?

投稿日:

なぜ売りは短期間で稼ぎやすいのか?為替とは

  • 買いが集まると上昇
  • 売りが集まると下落

しますがよく観察してみると、売りが短期間で大きな変動を起こしています。特に日本人が取引参加者の大半を占めるクロス円で、売りの勢いが顕著にみられます。

ここでは[なぜ売りは短期間で稼ぎやすいのか]について、

  1. 前半はメンタル面
  2. 後半はFXの仕組み

の2つ観点から解説していきます。

為替は本能に左右される

FXでは相場を予測するためにファンダメンタルズ指標・テクニカル指標が日々進化を遂げています。

しかし、相場を動かす一番の要因は人間が生まれながらに持った本能です。そしてFXで売りが短期間で利益に繋がりやすいのも、この本能を取り上げることで説明がつきます。

重力の中で生きている私たちは、物が落下することに関して恐怖心を抱く習性があります。

例えば日常生活の中で食器を落とし、大きな音を出したり割れたりして嫌な思いをした経験は誰にでもあると思います。

もし誤って手を滑らせてしまったら、多くの人が片づけをするなりして、その場の状況を解決するための行動にでます。

そうでなければ、あなたも含め誰かが怪我をして被害が拡大してしまうからです。

チャートで感情の起伏を確認することができる

先ほどの例からもわかるように、人間は定位置にあるものが下に落ちることに関しては、(良くも悪くも)敏感に反応する生き物です。そしてこの習性は、FXでもチャート画面によって確認することができます。

つまり買いではジワジワと価格が上昇するため、短いローソン足がいくつも並んでいます。

しかし、売りでは一気に下落するため、長いローソン足をいくつも確認することができます。

ちなみに人間は上昇することに関しては、下落時とは対照的に楽観的・安心感といった明るいイメージを持ちます。

あなたが取引する際は

  • 下落時は、感情的で余裕のない態度
  • 上昇時は、冷静で余裕のある態度

を無意識のうちにとっているのです。

売りポジションが短期間で稼げる理由は、人間の思考回路が向上したわけでも、最先端技術を導入したわけでもありません。

本能という最もアナログな理由によるものなのです。

買いがジワジワ上がる理由は長期で保有するから

売りが短期間で稼げるのは、買いよりも時間当たりの変動幅が大きいからです。

その多くは本能によって説明することができますが、それ以外にも2つの理由を挙げることができます。

1つはFXそのものの仕組みにによるものです。

そもそもトレードをする際、多くの日本人は[クロス円・ロング]でポジションを取ります。

つまり「ドル円」「ユーロ円」「豪ドル円」と言った通貨ペアをロング(買いポジション)で保有するのです。

その理由は円に対する情報量の多さと、(先ほども紹介したように)上昇することに関して前向きなイメージを持っているからです。

またロングを取る投資家の中には、スワップ運用を目的にしている場合もあります。彼らは保有しているだけで利益をもらえますので、多少値下がりしても直ぐには決済しないのが特徴です。

売りが売りを呼ぶ3つの要素!本能・ロスカット・投機筋

しかし売りになると話が深刻になります。それは下落時はロスカットによりロングの強制決済が発生します。

そして本能による習性を利用して投機筋によるショート(売りポジション)での新規注文が殺到します。

投機筋は一発逆転を狙って、大量の資金を一気に投じるため、それだけ価格にも大きな影響を与えます。

この「本能」「ロスカット」「投機筋」の3つが重なって、売りが売りを呼んでいるのです。

悪材料→株安≒円高が売りにさらなる拍車をかける

もう1つの売りが短期間で稼ぎやすい理由は、日本の置かれている状況にあります。

一口にFX・為替と言っても、様々な要因が複雑に絡み合って形成され、特にクロス円は日経平均株価によって価格が左右されます。

日本は輸出が盛んにおこなわれている国ですので、自動車を始めとした輸出関連の企業が日経平均株価に大きな影響を与えます。

輸出は円高(円の価値が高くなる)だと物が売れなくなりますのです、株価で悪材料が発表されると、つられて為替も下落する傾向にあります。

つまり悪材料→株安≒円高となり、国内株式での下落ムードが為替にまで波及します。

また(先ほども述べたように)人間は下落に対して敏感に反応する為、悪材料への影響を積極的に回避することも売り注文が目立つ原因になっています。

輸入量が多い国であれば、株安は為替を上昇させる効果があるのですが、日本に関しては株価の下落は為替の下落に繫がっているのです。

まとめ

私たちは「買いは期待」「売りは恐怖」でトレードをします。

上昇時はジワジワゆっくり

下落時はズドーンと一気

に動きその体感速度は1.5〜2倍もの差があります。

もし売りで短期間の利益を目指すのであれば、本能つまり感情に左右されないように注意しなければなりません。

また大きな下落を狙うのはハイリスクですので、まずは低レバレッジ・低資金で慣らしていきましょう。

-実践相場で稼ぐ知恵とテクニック

Copyright© 【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方 , 2018 All Rights Reserved.