FXを始める方向けに作成したFX入門サイト

【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方

レンジ相場の基本はこまめに稼ぐ

投稿日:

レンジ相場の基本はこまめに稼ぐ相場では、一定の値幅内でもみ合う場面が全体の7割を占めています。レンジ相場を得意とすれば、取引チャンスを大幅に増やすことができるのです。

ここではレンジ相場でこまめに稼ぐことの基本から応用までを解説しています。お勧めのFX会社も登場しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

基本編トレンドラインがきめて!

FXにはトレンド相場とレンジ相場の2つが存在し、全体の7割は後者(レンジ相場)で占めています。

トレンド相場では売買チャンスがなかなか表れずに、待つ時間がしんどくなり、無駄なエントリーをしがちです。

一方、レンジ相場は「売買チャンスが多い」「待ち時間が少ない」というメリットがあります。

具体的なエントリー&エグジット・ポイントを知るには、トレンドラインを引くことが重要です。

そしてトレンドラインの引き方としては…実はさじ加減となります。

だからと言って適当にラインを引いてはいけませんし、一度決めたら変更することもタブーです。

レンジ相場での利益獲得はトレンド相場とは違い、具体的にこれだ!という手法はありません。

強いて言えば小さな値幅で売ったり買ったりを繰り返していく。つまり(タイトルにもあるように)こまめに稼いでいくことです。

しかし出来るだけルール化し機械的にトレードすることが、感情に左右されず後悔をしないことに繋がります。

それではトレンドラインを引いた後はどうすれば良いのでしょうか?

トレンドラインを突き抜けてからエントリー&エグジット

レンジ相場ですので、基本的には水平のトレンドラインになるはずです。(水平でなければ上昇・下降トレンドの可能性あり)

注文をだすタイミングとしてはトレンドラインを突き抜けて戻るところであり、ただトレンドラインにチャートが当たっただけではダメです(上限・下限共通)

何故ならブレイクアウトしてトレンド相場に転換する可能性があるからです。

上昇(または下落)して、トレンドラインに収まるような値動きして始めて[レンジ相場]が継続していると判断しましょう。

上限・下限をしっかりと意識すれば、エントリーポイントはもちろん、エグジットする際の利益確定・損切りラインも決定します。

現在(2017年3月)では、各FX会社がレンジ相場を得意とする注文方法を提供しています。

  • M2Jのトラリピ
  • YJFX!のリピトレ

ぜひ参考にしてください。こまめに稼ぐレンジ相場では、本業などが理由で長時間の監視ができない場合があります。

一定の値幅でトレードすることが事前にルール化できていれば、後の操作はFX会社にお任せするのも時間を有効活用するための1つの手段です。

応用編!長い時間足と合わせて分析する

ここまでレンジ相場の基本的なトレード手法を紹介しましたが、慣れてきたらもう少し視野を広げてみてはいかがでしょうか?

レンジ相場と一口にいっても、ある一定の時間足で確認できるものに過ぎず、時間足を変えると実はトレンド相場だと言うことはよくあります。

つまり現在の相場があなたにとってはレンジでも、他の人にとってはトレンドだと判断されることがあるのです。

この、人によって相場状況の見極めが異なることもレンジ相場のエントリー&エグジットがさじ加減になってしまう理由の1つです。

そこで知っていてほしいのが小さなトレンドは大きなトレンドに追随すると言うことです。

レンジ相場でも買い優勢・売り優勢がある

例えば、こまめに稼ぎたいあなたは15分足でレンジ相場を確認したとします。そしたら合わせて、60分足や日足なども確認するようにしてください。

もし長い時間足がトレンド相場であれば、あなたが確認したレンジ相場は「押し目買い」「戻り売り」の可能性があります。

あくまで大きなトレンドの中の1地点がレンジ相場になっているだけですので、

  • 上昇トレンド中のレンジ相場は買い圧力が強い
  • 下降トレンド中のレンジ相場は売り圧力が強い

と判断します。具体的な取引手法としては、

買い圧力が強いときはロング(買い)を長めにとる

売り圧力が強いときはショート(売り)を長めにとる

とブレイクアウトした時に思わぬ臨時収入がもらえる可能性がありますよ。まずは1つの時間足に拘らず、異なる時間足も同時にみていきましょう!

まとめ

トレンド相場は少ないチャンスで大きな利益を狙いますが、レンジ相場では多くのチャンスで小さな利益を狙います。

エントリー&エグジットポイントが[さじ加減]となりますので、1日でも早く取引を[ルール化]することが大切です。

慣れてきたら異なる時間足も確認して、相場全体の流れ(トレンド)を意識した取引をおこなっていきましょう。

-実践相場で稼ぐ知恵とテクニック

Copyright© 【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方 , 2018 All Rights Reserved.