FXを始める方向けに作成したFX入門サイト

【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方

移動平均線を使ったトレード方法

更新日:

FXでテクニカル分析を勉強しようとすると最初に出てくるのがこの移動平均線ではないでしょうか。

これからFXを始める。始めてみたけどよく分からない人は、移動平均線のことから勉強していきましょう。

移動平均線とは?

移動平均線とはある一定期間の価格の平均を結んで作られる線のことです。移動平均線を見ると現在の相場が上昇なのか下降なのかレンジ相場なのかを知ることができます。

線が上向きなら上昇、下を向いていれば下降、横ばいならレンジ相場です。

ローソク足が急上昇!でも移動平均線は横ばいのまま…?

移動平均線は平均をとって作られていくラインですので、ローソク足がぐんぐんと急上昇(または急下降)しても移動平均線はすぐには上昇(または下降)しません。

ローソク足よりも遅い動きになっているということですね。

これは平均をとって作られている以上、仕方のないことですし、ローソク足よりも動きが遅いからと言って移動平均線が使えないわけではありません。

移動平均線とローソク足で見るエントリーの仕方

ローソク足がぐんぐんと急上昇しているけどまだ移動平均線が横ばいのまま。そんな時はこんなエントリー方法があります。

まず、ローソク足が移動平均線の上にあると言うことは上昇の傾向があるので「買いエントリー」です。

次にどこでエントリーするかですが、ローソク足は山や谷を作りながら上昇していくので必ずどこかで下降してくるはずです。

その下降してきた時を狙ってエントリーするのですが、ただ下降してきたからと言って闇雲にエントリーしても上手くいきません。

エントリー後にもっと下降して損切りになってしまって、そのあと予測通りに上昇したりするものです。

そこでここでもやはり、跳ね返る場所(抵抗ポイント)を探します。

急上昇中のローソク足が下降してきて跳ね返りそうな場所、それがローソク足の下にある移動平均線です。

前述した「前日の高値と安値」や「1つ前の山や谷」と移動平均線が重なっていれば、より強い抵抗となる可能性があります。

エントリーできたら次は決済の目安ですが、無難に一番近いラインや、前の山の少し手前くらいがおすすめです。まずは手堅く利益をとっていきましょう。

せっかくの上昇トレンドだからもっと欲しい!と思うかもしれませんが、それは何度もこのトレードを繰り返してルールを守れるようになって、高い確率でもっと上に行く!と自分でデータが取れてからです。

移動平均線の種類!MA?SMA?EMA?

移動平均線は英語でMoving Average(ムービングアベレージ)と呼ばれ、その頭文字をとってMAと表示されることが多いです。

MAにはいくつか種類があるのですが、今回は移動平均線の中でもメジャーなSMAとEMAについてお話しします。

SMAとEMA

まずはSMAとEMAに共通する数値のお話しからです。

移動平均線はある一定期間の価格の平均を結んでいるとお話ししましたが、数ある移動平均線のすべてが一定期間で価格の平均を算出しているわけではありません。

チャートに移動平均線を表示するときに数値を入力したり、数値を選ぶようになっているはずです。その数値が期間(日数など)をあらわしています。

よく目にするのは75SMAでしょうか。

これは日足のチャートに表示させると「75日間の価格の平均を結んでいる線」ということになり、数値についてはEMAも同様となります。さて、本題のSMAとEMAの違いです。

SMAはSimple Moving Average、単純移動平均線と日本語では呼ばれています。

例えば75SMAなら、先ほどもお話ししましたが日足のチャートに表示させると75日間の価格の平均を結んでいる線です。

EMAはExponential Moving Average、指数移動平均線と日本語では呼ばれています(指数平滑移動平均線と呼ばれることもあります)。

SMAのように単純に価格を足して割って算出ではなく、直近の価格を重視する考え方を数値化して出た値を線にしたものです。

「ローソク足がぐんぐんと上昇してるのに移動平均線は横ばいのまま…」と言うのはSMAによく見られる傾向で、EMAは直近の価格を重視するのでSMAよりも反応が早くなっています。では、SMAとEMA、どちらを使えばいいのでしょう?

どちらか一方を使うのか、はたまた両方使った方がいいのか・・・?結論から申し上げますと、「どっちでもいい」です。

SMAを使おうがEMAを使おうが数値をいくらにしようが、跳ね返る時もあれば跳ね返らない時もあります。

それは移動平均線だけではなく、他のツールも同じです。大事なのは、何を使うかとか数値がどうだとかではなく、ルールを守ってトレードすることなのです。

よく、色々な数値のSMAとEMAをチャートに表示させてトレード方法を解説しているページなどを見ますが、それは基礎がしっかり守れることが大前提にあるトレード方法だと言うことを忘れないでください。基礎とは「ルールを守ること」です。

エントリーする時の条件、エントリーする場所、利食いと損切りの場所、その場所にきたら(状況によってはその手前で)必ず決済すること。

これらができなければ、どんなに優れた移動平均線の組み合わせをチャートに表示させても勝ち続けることはできません。

まずは「移動平均線を使ってルールを守ったトレード」がキチンとできるように、ご自分の好きな数値のSMA一本だけをチャートに表示させてトレードの練習をしてみてくださいね。

移動平均線の期間は何日にすればいいの?

移動平均線を表示させる時に期間を入力、もしくは選ばなければなりませんが、たくさんありすぎてどれがいいのか決められない方も多いと思います。

先ほども言いましたが、どの数値でも抵抗にはなるし、どの数値でも抵抗にならない時がありますのでいくつでもOKです。

トレードで使う時間足によって抵抗となりやすい数値は変わってきますので、自分が見やすい数値を見つけ出す(もしくは誰かのトレードを丸ごとコピーするとか)がオススメです。

目安となる数値をいくつかあげるとしたら、20、75、200あたりでしょうか。

これは相場がオープンしている日数で、1週間に5日オープンしていますから20日が約1ヶ月、75日が約3ヶ月、200日が約1年となります。

長期と短期、どちらの移動平均線がいいの?

基本的に短期の移動平均線よりも長期の移動平均線の方が抵抗は強いとされています。例えば60分足の75SMAと5分足の75SMA。どちらが強い抵抗になるのでしょう。

60分足の75SMAは60分足75本分(75時間)の平均値です

5分足の75SMAは5分足75本分(6時間25分)の平均値です

平均する時間が長ければ長いほど抵抗も強くなります。

「ルールを守れるようになる」訓練をするのであれば抵抗が強い移動平均線だけをみて訓練するのがオススメです。

エントリーポイントにレートが到達するまで待つ訓練、チャンスが来たらすぐにエントリーする訓練、利確&損切りの設定訓練、実際に利確又は損切りする訓練ができるからです。

抵抗が弱い(短い時間足)移動平均線で訓練をするとエントリーポイントがやたらと多くなり、大事な「待つ」訓練ができません。

でも抵抗としては弱めなので当然、勝率は低くなります。負けっぱなしだと…続かなくなりますね。

だったら最初から長い時間足で抵抗が強めの移動平均線で訓練をしましょう。

「ずっと抵抗が強い移動平均線だけ見ていればいいの?」と思った方もいるかもしれませんが、実はそれだけではもったいないです。

ルールを守れるようになったなら、是非短期と長期の移動平均線を両方表示させてみてください。

例えば日足チャートに25SMAと200SMAを表示させてみます。

25SMAが200SMAを上回ってきたら上昇の前兆である可能性がありますので、どこでエントリーしてどこで利食いと損切をするか作戦を立ててみましょう。

ちなみにこの、短基線が長期戦を上回る現象をゴールデンクロスと言います。ルールを守れるようになったら、ゴールデンクロスの検証をしてみると楽しいかもしれませんね。

移動平均線の乖離とは?

乖離とは、現在の価格が移動平均線からどれだけ離れているのかということで、乖離率はそれを数値化したものです。

移動平均から価格が離れていくと、やがて価格が移動平均線に戻ってくると言われているため、乖離率を見ることによって現在の価格が移動平均線からどれだけ離れているのかを知る事ができます。

トレンド相場のように価格の動きが激しい場合に役に立つツールで、決済や損切りの目安にもなります。

エントリーで使おうとするとトレンドとは逆の方向にエントリーすることになりますので注意が必要です。

ルールを守ることはもちろん、移動平均線など他のツールとの総合的な判断が求められるので中級者から上級者向けのツールと言えます。

-テクニカル分析
-

Copyright© 【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方 , 2018 All Rights Reserved.