当サイトはFXを始める方向けに作成したFX入門サイトです。

  • FXが初めてでなにもわからない
  • FXの口座開設して副業として始めたい
  • 月数万円でもいいからFXで利益を出したい

このような方たちに向けて作成しました。FXについて何も知らずに始めるにはリスクもありますので、基本的な知識やルールなどを事前に知っておきましょう。

安定したお小遣い稼ぎとして人気のFX

チェックマークFXは幅広い年代の方々に広まっています
いつでもスマホで気軽にトレードできる環境が整っていることからどんどん広まっています。

チェックマークFXはギャンブルではなく投資です
FXは各国の通貨を交換してその差額で利益を得る投資であり、ギャンブルとは異なります。

チェックマーク自分が信頼できるFX業者を利用することが重要
FXには、専門の業者の協力が必要不可欠なので、しっかりと比較・検討してから選びましょう。

FXの基本!通貨売買

FXとは「margin Foreign eXchange trading」の略で、外国通貨の為替レートの差額を売買して利益を得る取引の事です。

基本的には通貨の値動きを利用して利益を出すと考えてくれれば問題ありません。

他にもスワップ金利(ポイント)で稼ぐ方法もありますが、一般的にはそういった意味では株と同じですね。

毎日のようにニュースで放送されている「為替情報」というのを聞いたことがない方はいないと思います。その「為替」というのが、FXでは重要になってきます。

まず、通貨というのは、その国の中で使用されているお金のことですが、この通貨の「レート」は、毎日変動しています。

それには国の情勢や、各国の働きなど様々な要因があり、全てを把握することは不可能ですので、その上下した価値の間に両替(注文)を行うことで利益を出すのが、FXの特徴です。

例えば、日本円とアメリカドルを両替するときに、1ドル80円のときに100ドル両替すると、8000円が必要ですが、1ドル75円のときに両替すると7500円で両替できます。

極端な事を言えば1ドル80円の時に買って、1ドル100円の時に売れば20円分の差額が利益となる計算です。

利益額はいくらかけているかによります。一般的な1万通貨ならば20万円、10万通貨買っているならば、200万円儲かる計算です。(これは極端な例ですが・・・)

同じ100ドルを両替するのに、日本円での金額が変わってくる。というのが、外国為替のポイントです。

2009年のサブプライムローン問題や、2011年の東日本大震災や、2012年の北朝鮮のミサイル打ち上げ問題など、様々な要因で、通貨の価値というのは激しく上下します。

FX業者人気ランキング

GMOクリック証券

スプレッド 米ドル/円 0.3pips
ユーロ/円 0.5pips
ユーロ/ドル 0.4pips
取引単位 1万通貨
ロスカット 証拠金維持率が50%を下回った場合(法人口座は100%)
最大枚数 通常モード1注文あたり100万通貨
Exモード1注文あたり500万通貨
取引上限枚数 1日5,000万通貨
キャッシュバック
100万通貨500万通貨未満 3,000円
500万通貨900万通貨未満 7,000円
900万通貨1,300万通貨未満 12,000円
1,300万通貨2,500万通貨未満 20,000円
2,500万通貨 30,000円

※EXモードは設定から切り替え、スプレッドは広がります
※キャッシュバック時期はFX取引口座を開設した月の3カ月後に入金

GMOクリック証券のポイント!

ポイント

業界でも最小水準のスプレッドでお得
FXの取引高が5年連続で世界第1位の人気
FX預かり資産が国内第1位となっています

FX業者を選ぶ際見比べる3つの数字

FX を始めたい場合、初めにやるべきことは業者を選ぶことです。

FXは業者によって、利益や損失に大きな影響が出てしまうのです。以下、項目別に説明致します。

約定力

FXトレードで円を売り、ドルを買いたい場合、ドルを売り、円を買いたい方を見つけて、取引をすることになります。これを約定と呼びます。

ここで、ドルを売りたい方を見つけられなければ、取引は成立しません。

約定力の弱い業者を選んでしまうと、せっかく買い時を見つけても約定できず利益を出し損なう場合もありえます。

そして、もっと危険なのは、保持している通貨が暴落し、強制ロスカットになってしまったが、約定ができず、所持金がマイナスになってしまう場合です。

強制ロスカットは安全装置なのですが、約定力が弱い業者を選んでしまうと安全装置が機能せず、借金を背負う羽目になるということもあるのです。

いざというときの約定力は使っている人の多い業者の方が強いです。

取引に参加している方が多い程、逆のトレードをしたい方を探しやすいのです。

スプレッド

簡単にいうと手数料です。

スプレッドが小さければ小さい程、手数料が安いことを意味します。

FXは通貨が安いときに買い、高いときに売ることで利益を出すのですが、スプレッドが大きいと値動きが大きくないと利益が出せないということになります。

多くの場合、スプレッド幅が大きい、小さいと表現されます。

例えばFX業者の広告でスプレッド幅1銭となっていた場合、1ドル百円のときにドルを買うと1ドル百円1銭としてトレードされるということを意味します。

ですので、スプレッド幅は基本的に狭い程有利な取引ができるということになるのです。

スワップポイント

これは金利差を意味します。

例えば日本は金利の低い国で、オーストラリアは金利の高い国です。

ここで、日本でお金を借りて、オーストラリアでお金を貸すと利益が発生します。この利益をスワップポイントと呼びます。

このスワップポイントに関しては、一概に高い方が良いとは言い切れません。

何故なら、逆のトレード、つまり、オーストラリアでお金を借りて、日本で貸すという場合、お金が目減りして行くことになるからです。

FXでスワップポイントで稼ぎたいのであれば、高い程有利と言えますが、為替差益を利用して稼ぎたい場合、相場を予想していても、金利の安い通貨を借りてというトレードしか実質できなくなります。

以上、FX 業者を選ぶ際には3つの数字を見比べる必要があります。どういうトレードをしたいかによって、どの項目が重要かは変わってきます。

が、約定がうまくできない業者は危険ですので、特にはじめは有名な業者を選んだ方が無難だと思います。

 

投稿日:

Copyright© FX入門!現役トレーダーが教えるFXの始め方 , 2017 All Rights Reserved.