FXを始める方向けに作成したFX入門サイト

【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方

外為オンラインの評判

投稿日:

5年連続FX年間取引高No.1のFX取引業者
外為オンラインは、5年連続FX年間取引高No.1のFX取引業者です。

初心者でも上級者でも、安心して取引できることが最大のポイントとなります。

他にも、外為オンラインでは、情報ツールなどが充実していて、チャートなどは、自分で分析用に編集することもできるといった徹底振りです。

全てのツールにマニュアルがありますので、初めての方でも安心して利用することができます。

スプレッドが狭い通貨ペアと広い通貨ペアがありますが、国内で人気どころの通貨ペアのスプレッドは基本的に狭くなっています。

スワップポイントに関しても、比較的高水準なので、長期投資が目的のスワップポイント派の方たちにも納得のいけるスワップポイントになっています。

その他にも「リスク管理が苦手だ」という人たちのために、外為オンラインでは、リスク管理に応じて選べる2つのコースが用意されています。

「L25Rコース」と「L25コース」です。

この2つのコースは、ロスカットの割合が違うので、自分の取引スタイルに合わせて、コースを選ぶと良いでしょう。ギリギリまでロスカットして欲しくないという方には、L25コースが向いています。

そして、「マイナスになったらすぐにロスカットして欲しい」というかたには、L25Rコースが向いています。

入出金に関しても、提携している銀行での入出金に関しては手数料が無料になっています。

ネットバンクの大手である「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」も利用することができるので、オススメです。

もちろん、全国のどこにでもある「ゆうちょ銀行」へも入出金をすることができます。

取引環境としては、パソコンや携帯電話はもちろんのこと、スマートフォンでの利用環境が高スペックになっています。

スマートフォンでもパソコンでの取引と同じように、為替レートが一覧で確認できたり、ニュースやマーケット情報が一目で確認できたりなど、とても便利になっています。

スマートフォンでの取引をするためには、iTunesか、Apple Storeで、アプリケーションソフトをダウンロードする必要があります。

その他にも、FXのプロの投資家の情報が見れたり、取引ツールが充実していたりと、初心者の方でも、「FXとはどういうものか?」ということがわかりやすくなっています。

もちろん、デモトレードをするためのシステムも用意されているので、「FXをやったことがない」という方は、まずデモトレードから始めると良いでしょう。

評判は好評の外為オンライン
外為オンラインの評判は軒並み好評です。

FX年間取引高54年連続1位を獲得して、2年連続で口座開設でもNo1になっています。

スプレッドも比較的狭くなっていて、スワップポイントも高めに設定されているので、高いレベルでまとまっているFX取引業者となっています。

通貨ペアも24種類と豊富に取り揃えていて、FX初心者向けのセミナーを常時開催していて、デモ口座もあるので、まだ取引をしたことも無い初心者にも人気の業者になっています。

また、投資家レポートも充実しているので、投資の勉強をする中級者にも人気の業者となっています。

最大のポイントとしては、2つのFX取引システムを展開して、初心者向けのシンプルな取引フォームと、ベテラン向けの自由度の高い、カスタマイズが可能な取引システムの2つを採用しているので、ベテランも初心者も両方とも集まってくる構造になっています。

一昔前までは、「外為オンラインはチャートが弱い」といわれていたのですが、「ハイブリッドチャート」を導入してから、チャートが弱いというデメリットが解消されて、今では人気のFX取引業者へと進化しています。

ツールも充実していて、投資化の動きを予測するようなツールもあるので、初心者の方にはありがたいツールとなっています。
レバレッジと証拠金額
外為オンラインでは、1倍~200倍までのレバレッジが適用されています。

個人での利用の場合は、1倍~25倍までのレバレッジになっています。

ポジションを購入する際には、最初からレバレッジ25倍が適用されている状態になりますので、口座の残高を計算しながらレバレッジを決めていく必要があります。

25倍以上200倍までのレバレッジに関しては、法人口座を開設した人のみになりますので、個人の利用では25倍までのレバレッジが最高となっています。

最初のうちは、十分な資金を用意して、最小のレバレッジで取引をしていくほうが良いでしょう。

最初から、25倍のレバレッジをフルに利用しようとすると、どこかで大赤字になってしまいます。

レバレッジは上手く利用することができれば大きな利益をもたらしてくれますが、予想とは逆になってしまった場合には、大きな赤字を背負い込むことになりますので、十分に注意してください。

外為オンラインでは、デモ口座でレバレッジの計算もできますので、利用してみると良いでしょう。

しかし、デモ口座では、最初から300万円の資金が口座の中に入ってあるので、計算した額にはならないかもしれません。

何度も言いますが、レバレッジは自己責任です。

ハイレバレッジを掛けるほど、マイナスになったときに大変なことになるので気をつけてください。

通貨ペアごとの証拠金の基本額
通貨ペアごとに、証拠金の額というのは、変動します。

さらに、為替レートは毎日変わっているので、毎日微妙に増減を繰り返すということになります。

あくまで、基本の額ということですが、以下の額になります。

個人ではレバレッジが25倍になっているので、法人での200倍レバレッジの場合などは、額が変わってくるので注意してください。

「米ドル/円」=32,200円
「ユーロ/円」=40,900円
「英ポンド/円」=51,200円
「豪ドル/円」=31,900円
「NZドル/円」=24,600円
「カナダドル/円」=31,800円
「スイスフラン/円」=34,100円
「南アフリカランド/円」=38,700円(10万通貨での取引が最小単位)
「豪ドル/スイスフラン」=31,900円
「豪ドル/NZドル」=31,900円
「豪ドル/米ドル」=31,900円
「ユーロ/豪ドル」=40,900円
「ユーロ/カナダドル」=40,900円
「ユーロ/スイスフラン」=40,900円
「ユーロ/英ポンド」=40,900円
「ユーロ/NZドル」=40,900円
「ユーロ/米ドル」=40,900円
「英ポンド/豪ドル」=51,200円
「英ポンド/スイスフラン」=51,200円
「英ポンド/NZドル」=51,200円
「英ポンド/米ドル」=51,200円
「NZドル/米ドル」=24,600円
「米ドル/カナダドル」=32,200円
「米ドル/スイスフラン」=32,200円

以上のようになっています。

もちろん、経済指標の発表などで、大幅に相場が変わったときなどには、証拠金の額も大きく変わるので、注意してください。
外為オンラインのメリットとデメリット
年間取引高がNo1
外為オンラインのメリットとしては、「安心ができる」というところが最大のメリットでしょう。

「年間取引高No1」にも輝いたことがあるFX取引業者なので、かなりのリピーターがいる業者です。

その他にも、年間新規顧客の口座数も2年連続No1になったことがある業者です。

スプレッドに関してはそこまで狭いというわけでもありませんが、スワップポイントはかなり高水準なランクになると思われます。

その他にも、チャートや指標などが充実しているというのと、スマートフォンでも、PCと変わりないぐらいに利用できるというのが高評価です。

証拠金の額も、他者と比べて低めに設定されているのも嬉しいポイントです。

経済指標の発表直後でも、取引がスムーズにできるので、強靭なサーバーを有しています。

そのため、トラブルも少ないですし、もしトラブルになっても、すぐにサポートが答えてくれるので、安心して利用することができるFX取引業者です。

また、キャンペーンに関しても、口座開設のキャッシュバックで、2週間程度で還元されるなど、かなり早い適用になっているので、口座を持っていない人は、すぐに口座を開設してみてはいかがでしょうか?

口座開設のキャッシュバックを受けるには、初回入金10万円以上と、1回の取引を行う必要がありますので、注意してください。
外為オンラインは一度行政処分されたことがある
外為オンラインのデメリットとしては、「古いパソコンには不親切」というものがあります。

これは、システムの画面にFlashが使われているので、一昔前のパソコンで画面を見ようとすると、重たくなってしまって、取引画面が入れなくなってしまうというものです。

また、通貨ペアの中には、スプレッドが広いものもありますので、その部分がマイナスポイントとなってしまいます。

古いパソコン、または情報過多になって処理速度が遅くなってしまったパソコンで取引をしたいというかたには、あまり向かないFX取引業者となっています。

また、外為オンラインは一度行政処分されたことがあるので、その部分でマイナス評価を持っている人は多いです。

しかし、内容としては「ちゃんとしたシステムを整備していなかった」というものですし、2007年の出来事です。

そのため、現在ではシステムもちゃんと作られているので、安心して利用することができます。

一度失敗しているので、システム面では「これでもか」というぐらい使いやすいFXトレードシステムになっています。

もうひとつのデメリット部分としては「キャンペーンの少なさ」ですね。

現在は「新規口座開設キャッシュバックキャンペーン」をしているだけですし、1年間を通しても、そこまでイベントが多いというわけでもありません。

その部分がマイナスポイントといえばマイナスポイントになります。

外為オンラインへログインする方法
外為オンラインのログインでは、同じログインIDとパスワードで2つのFXシステムにログインすることが可能です。

しかし、一台のパソコンで同時に複数のログインをすることは出来ません。

その際には、何らかの障害が発生する場合がありますので、十分に注意して下さい。

公式サイトからログインできるのは、2つのFXシステムと、「デモ口座」にログインすることが出来ます。

また、QRコードを読み込むか、直接アドレスを入力することによって、携帯電話での取引口座へログインすることも出来ます。

どのシステムを利用しても、取引が可能ですので、あなたが利用したい方法でのログインをして下さい。

ログインの際には「ログインID」と「パスワード」が必要になります。

何回か続けて間違うと、一定時間の間ログインできなくなりますので、注意して下さい。

パスワードやIDを忘れた方には、問い合わせると、再発行の方法を教えてくれるので、紛失したり忘れた場合は、すぐにサポートセンターに問い合わせて下さい。

パソコンのログイン画面では、各取引システムの詳細な操作説明書をダウンロードすることが出来るので、利用して下さい。

操作説明書には、図解で解説が載っているので、分かりやすくなっています。

現在行われているキャンペーン
外為オンラインでは、定期的にキャンペーンが行われています。

しかし、キャンペーン数としては、同業他社と比べて、やや少ないようにも感じます。

定期的に行われているキャンペーンとしては、「5000円キャッシュバックキャンペーン」となっています。

キャンペーン期間は、下記の条件をクリアすると、5000円のキャッシュバックを受ける事ができます。

1.新規口座を開設
2.初回入金額として、10万円以上を入金
3.1回以上の取引

大体この3つをクリアすれば5000円のキャッシュバックが受けられます。

最後の取引が終了してから約2週間で、FX口座に5000円が入金されるといった仕組みになっています。

取引手数料などを考えても、かなりオトクになっているので、オススメのキャンペーンです。

また、取引が完了してから2週間で振り込まれるので、スピーディーに取引ができ、オススメになっています。

過去に行ったキャンペーンでは、豪華ホテルの宿泊券や、デモ口座での取引の抽選で、高級車が当たるなどのキャンペーンをしていて、様々なキャンペーンをしていました。

現金が当選したり、車だったり、旅行券だったりと、様々なキャンペーンを行っていました。

現在は大島優子の壁紙がもらえるキャンペーンも行っていますね。

外為オンラインのデモ口座利用方法
外為オンラインのデモ口座では、外為オンラインのシンプルなほうのFX取引システムで、仮想取引をすることができます。

実際のリアルタイムのレートとデモ口座のレートが連動しているので、スワップポイント重視派も、デイトレード重視派も、実際の取引と同じように取引をすることができます。

デモ口座の利用には、「メールアドレス」だけで利用することができます。

入力欄には、住所や電話番号などを入力する項目もありますが、入力しなくても利用することは可能です。

入力しておくと、実際の口座開設をする時に、ちょっと手間が省けるという程度なので、どちらでも構いません。

外為オンラインのデモ口座の利用期間は登録後1ヶ月間となります。

1ヶ月間もあれば、全ての機能をマスターするのには問題が無いと思われます。

しかし、大事なのは「仮想通貨だけど、実際と同じような気持ちで取引をする」ということです。

負けても懐の痛まないデモトレードでは、無茶な取引をする人が多いです。

そのやり方の場合では、実際の投資力が身につきませんので意味がありません。

デモ口座の取引でも、実際の取引と同じような気持ちで取引を行うと、あなたの投資力も上がっていくでしょう。

外為オンラインのFXシステムは2つ
外為オンラインのFXシステムは2つあって、シンプルな初心者向けと、カスタマイズ可能なベテラン向けとなっています。

シンプルなシステムでは、「レート照会」「口座状況」「現在所持しているポジション一覧」「注文中の明細」の4つからなります。

チャートやニュースなどは、画面を移動しないと見ることは出来ません。

しかし、表示させる項目を変えたり、表示させる場所を変えたりすることは可能ですので、安心して下さい。

カスタマイズ可能なシステムでは、各画面のサイズや場所をピクセル単位で移動させたり、複数表示させることが可能です。

そのため、「絶妙な場所に配置して自分だけの取引画面」というのを作り出すことが可能になっています。

レートやチャートも1つの画面の中に常に表示させておくことができるので、デュアルモニタにしているユーザーや、使い慣れたユーザーには、全ての情報が1つの画面で見れるというのは、最適な環境となっています。

2つのシステムがありますが、最初からカスタマイズ版で慣れていったほうが、取引がスムーズに出来るので、そちらの方が有効かと思われます。

慣れるまでが辛いですが、一度慣れてしまうと、それ以外の画面での取引が出来なくなるぐらいに便利です。

カスタマイズできる外為オンラインのチャート
外為オンラインのチャートは他のFX取引業者と一味変わっています。

通常、業者側で用意されたチャートを使用して、どこに配置するか程度の自由度なのですが、外為オンラインのチャートは、チャートの中に、自分で線を書き込むことなどが出来るので、チャートで自分なりの分析をすることが出来ます。

さらに、その線を保存することも出来て、配置等も保存できるので、次にログインしたときも、そのままの配置なので、快適に取引を始めることが出来ます。

2種類のチャートを重ねると、比較チャートを作成することも出来るので、「米ドル/円」や「ユーロ/円」などでの比較チャートを作って、自分なりの判断基準にすることも出来ます。

しかも、このチャート機能は無料で取引が体験できる「デモ口座」でも利用可能なので、まずはデモ口座で慣れてから利用するのがいいのではないでしょうか。

このチャートツールは無料で利用できるので、取引を開始していなくてもFX口座さえ開設しておけば、いつでも使うことが可能になっています。

更に詳細な使い方については、「操作マニュアル」が公式サイトからダウンロードすることが出来るので、そちらを確認して使用するようにして下さい。

外為オンラインはポイント表記のスプレッド
外為オンラインのスプレッドは、「最小単位のポイント」というようになっています。

例えば、「米ドル/円」の最小単位は「1銭」となっていて、スプレッドは1ポイントなので、米ドル/円のスプレッドは1銭ということになります。

英ポンド/円のスプレッドは5ポイントになっているので、スプレッドは「5銭」ということになります。

ユーロ/米ドルになると、米ドルが主軸になり、米ドルの最小単位は「0.0001ドル」です。

なので、「5ポイント」のスプレッドの場合は、0.0005ドルがスプレッドということになります。

それでは、外為オンラインで取引ができる通貨ペアごとのスプレッドを紹介します。

「米ドル/円」=1ポイント
「ユーロ/円」=2ポイント
「英ポンド/円」=5ポイント
「豪ドル/円」=5ポイント
「NZドル/円」=6ポイント
「カナダドル/円」=5ポイント
「スイスフラン/円」=5ポイント
「南アフリカランド/円」=150ポイント(15銭)
「豪ドル/スイスフラン」=6ポイント
「豪ドル/NZドル」=10ポイント
「豪ドル/米ドル」=2ポイント
「ユーロ/豪ドル」=8ポイント
「ユーロ/カナダドル」=7ポイント
「ユーロ/スイスフラン」=5ポイント
「ユーロ/英ポンド」=4ポイント
「ユーロ/NZドル」=12ポイント
「ユーロ/米ドル」=1ポイント
「英ポンド/豪ドル」=9ポイント
「英ポンド/スイスフラン」=9ポイント
「英ポンド/NZドル」=17ポイント
「英ポンド/米ドル」=3ポイント
「NZドル/米ドル」=6ポイント
「米ドル/カナダドル」=6ポイント
「米ドル/スイスフラン」=4ポイント

以上、全24通貨ペアとなっています。
外為オンラインは24もの通貨ペア
外為オンラインには、24もの通貨ペアがあります。

この通貨ペアの数は、国内のFX取引業者の中でも、かなり多い部類になり、様々なケースで取引することが可能です。

しかし、スワップポイント重視としての、トルコリラやスウェーデンクローナは通貨ペアの中に入っていないので、注意してください。

あくまでも、国内で取引されているメインの通貨に関して、相互での取引が可能となっています。

以下の通貨が、外為オンラインで取引できる通貨ペアになっています。

「米ドル/円」
「ユーロ/円」
「英ポンド/円」
「豪ドル/円」
「NZドル/円」
「カナダドル/円」
「スイスフラン/円」
「南アフリカランド/円」
「豪ドル/スイスフラン」
「豪ドル/NZドル」
「豪ドル/米ドル」
「ユーロ/豪ドル」
「ユーロ/カナダドル」
「ユーロ/スイスフラン」
「ユーロ/英ポンド」
「ユーロ/NZドル」
「ユーロ/米ドル」
「英ポンド/豪ドル」
「英ポンド/スイスフラン」
「英ポンド/NZドル」
「英ポンド/米ドル」
「NZドル/米ドル」
「米ドル/カナダドル」
「米ドル/スイスフラン」

以上、全24通貨ペアとなっています。

9種類しかありませんが、24通貨ペアでの取引が可能なので、様々な通貨から取引を行うことができます。

スワップポイントやスプレッドも、取引通貨ごとに変わってくるので、より深くFXを知る必要があります。

ロスカット条件
外為オンラインでは、ロスカットがコースごとに適用条件が変わってきます。

個人の顧客でも「L25コース」と「L25Rコース」があり、この2つは取引に関する項目は何一つ変わらないですが、ロスカットの条件が異なってきます。

「L25コースのロスカット条件」
取引証拠金の額が20%までは、ロスカットされることがありません。

その代わり、毎日あるメンテナンス時刻までに、所持しているポジションと、取引資金としてFX口座に入ってる金額を合わせて100%に満たない場合には、強制決済がされてしまいます。

1日の動きの中ではなかなかロスカットされないですが、毎日のメンテナンス時間の時点でマイナスの場合はロスカットされるという流れになります。

「L25Rのロスカット条件」
取引証拠金の100%となっています。

そのため、口座残高も含めて、証拠金の額が100%を切ると、その場でロスカットされてしまいます。

ロスカットのタイミングがかなり早いので、必要な残高を残せるというのがポイントになっています。

コチラのメリットは「追証が発生しにくい」というのがメリットになっています。

そのほかにも、法人用口座では、ロスカットの割合が変わってきますので、注意しながら取引を続けてください。

TVやWEBで流されているCM
外為オンラインでのテレビCMは2本あって、それぞれ「残業編」と「カフェ編」となっています。

テレビCMとしても放送されていましたが、YouTubeなどの動画アップロードサイトでも、見ることができるようになっています。

現在は大島優子さんが起用されていて「大島優子外為オンライン始めます」というセリフで流されています。

過去のCMのモデルには、キャンキャン専属モデルの西山茉希さんが起用されています。

「残業編」では、帰宅しようとする西山茉希さんに、上司らしき男が、山積みの書類を机に投げ出して、「あなたの為だから」というセリフを言い放ちます。

「本当のあなたの為って?」ということがテーマになったCMになっています。

「カフェ編」では、西山茉希を含めて3人でカフェを訪れ、ケーキを食べているところから始まります。

西山茉希さんがダイエット中ということで、「甘いものは良くないね!」といい、2人が、ケーキを取ってしまいます。こちらも、「本当のあなたの為って?」ということがテーマになったCMとなっています。

どちらのCMにも共通しているのは「本当のあなたの為って?」ということがテーマになっていることです。

気を使っているようで、本当は自分の為になっていることが多い世の中です。

本当に相手の為になるようなコミュニケーションやサービスが提供されるような世の中にしていきたいものです。

-FX業者比較一覧

Copyright© 【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方 , 2020 All Rights Reserved.