FXを始める方向けに作成したFX入門サイト

【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方

外為どっとコムの評判

投稿日:

国内で抜群の知名度を誇る外為どっとコム
外為どっとコムは、国内のFX取引業者の中でも、最古参の業者の一つです。

老舗として、多くの情報を取り扱っていて、初心者でもベテランでも情報に関しては有益な形で利用できる業者になっています。

情報の見易さに関しては、テクニカルチャートや、投資家のレポートなどもありますし、セミナーなども随時行われているので、参考にする部分も多いかと思われます。

テクニカルチャートでは、経済指標に合わせた為替の動きなども確認できるようになっているので、通貨の比較チャートなども表示させることができます。

また、過去に遡っての表示が可能ですので、過去のデータから、この経済指標の発表の時には、どんな動きをしたのかを予測することもできるようになります。

投資家のレポートもありますので、多くの投資家が予想している動きをなぞるだけでも、勉強になるかと思われます。

基本的には、その投資を行うに当たっての「理論」というものも掲載していることが多いので、参考にする部分というのはかなりあります。

しかし、外為どっとコムはデイトレーダーには不向きのFX取引業者となります。

その理由としては「スプレッドが広い」ということが挙げられます。

一番狭いスプレッドにしても、米ドル/円の1.0銭となっているので、一番狭いFX取引業者だと、0.3銭になっているので、2.5倍もの広さとなってしまいます。

そのため、外為どっとコムを利用する際には、スプレッドに捕らわれない投資が必要になります。

外為どっとコムを利用しているデイトレーダーの使い方としては、「情報源」として利用している投資家が多くなっていますが、2つのFX取引業者のページを開くということは、パソコンに大きな負荷をかけますし、モニターのサイズによっては、上手く見れないこともありますので、そのあたりを考慮する必要が出てきますが、そのあたりをクリアできれば最高の環境で取引ができるようになります。

スワップポイントに関しても、「買いスワップポイント」と「売りスワップポイント」の額が同じになっているので、スワップポイントに左右されること無く取引をすることができます。

しかし、そこまで高いスワップポイントにもなっていないので、スワップポイント派の方も、利用しづらいFX取引業者になっています。

一番良いのは、外為どっとコムを足がかりにして、他のFX取引業者での取引を行うというのが一番良い選択かもしれません。
外為どっとコムの評判
外為どっとコムは国内のFX取引業者の中でも最大手の老舗FX取引業者です。

口座数のシェアも国内の17.5%も取得していて、FXをしている人の6人に1人は外為どっとコムの口座を保有しているということになります。

もちろん、1人で1つまでという決まりもありませんので、中には何個も口座を持っていて、用途に合わせて使い分けている人も多いのではないでしょうか。

そして、外為どっとコムは初心者向けのサービスや情報量も多く、「これからFXを始めます」というような初心者の方にオススメのFX取引業者となっています。

また、外為どっとコムの一番のウリは、「セミナーや情報量の多さ」にあります。
セミナーも、会場・オンラインをあわせると、年間300本以上のセミナーが開催されています。

しかし、セミナーに参加するのには口座を開設しなくても参加できるので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

また、マーケットニュースやレポートも豊富で、経済人の発言なども細かく送られてくるので、判断に困るくらいです。

しかし、情報も少ないより多いほうが投資には向いていると思いますので、情報を得るためにも口座を作っておくのがいいかもしれません。
外為どっとコムのメリット紹介
外為どっとコムのメリットとしては、「情報量の多さ」という部分が一番光っています。

チャートやテクニカルチャートの利用もそうですが、マーケット情報や投資家レポートなども充実していて、取引をする際の情報源としての利用が多くなっています。

そのため、実際の取引は他のFX取引業者で行うが、情報を見たいが為に外為どっとコムに口座の開設をする投資家が多くなっています。

また、FX初心者にも、情報の多さと参考にする投資のやり方などが多く掲載されているので、オススメのFX取引業者となります。

スプレッドやスワップポイントの面で少々デメリットな部分もありますが、情報量の多さが外為どっとコムの一番のウリです。

また、毎月一定の投資を行っていれば、高機能なチャートも利用できるようになりますので、そちらの面でもメリットを受ける事ができるFX取引業者となっています。

皆さんも、FXの情報や世界情勢の見方などが分からなくなったときは、外為どっとコムの情報ツールを利用し、投資家のレポートなども参考にして、これからの投資を決めていけばいいのではないでしょうか?

FXに限らず、投資に一番必要なものは「情報」です。

外為どっとコムは国内のFX取引業者の中でも最古参と呼ばれるに相応しい老舗となっています。
外為どっとコムのデメリットの紹介
外為どっとコムのデメリットとしては、「スプレッド」と「操作性」になります。

スプレッドに関しては、国内のFX取引業者の中でも広い部類に入り、業界No1の狭さを誇るFX取引業者と比べると2倍近く広いスプレッドになっています。

そのため、デイトレードをメインに投資する方や、短期での売買を繰り返す方には、オススメできないFX取引業者です。

スプレッドが広いので、売買を繰り返す度に「手数料」のような形でスプレッドがマイナスされていきます。

なので、外為どっとコムを利用される際には、スプレッドを気にしないような投資方法が求められます。

次に操作性ですが、外為どっとコムでは、パソコン画面での取引が少々やりづらくなっています。

情報量としては見やすくなっているのですが、注文や決済などでは、他のFX取引業者と比べると、ワンクリック多くなっています。

そのために、ベストなタイミングでの投資ができない場合も出てきますので、この「操作性」に関しては、デメリット部分が多くなっています。

外為どっとコムのデメリットに関してはこの2つになります。

スワップポイントに関しても、他のFX取引業者と比べても、並となっていますし、ロスカットに関しても、普通と変わりないので、他に特筆して変わっている部分などはありません。

外為どっとコムのログイン方法
外為どっとコムは、新規に口座を開設しようとしてから、最短で「3営業日後」には、取引が開始できるFX取引業者になります。

まず、公式サイト内から、「口座開設」をするために必要情報をフォーム入力し、フォーム入力が終了すれば、必要書類を準備して送付します。

そして、審査が行われ、無事に審査に通過すると口座が開設されます。

口座開設された際に、ログインに必要なIDとパスワードが記入された案内用紙が、登録した住所に届きますので、そのIDとパスワードを使って、公式サイトのログインフォームからログインしてください。

ログインすると、取引を開始することができますが、資金が口座に入金されていないと取引をすることができませんので、まずは取引資金を外為どっとコムのFX取引口座へ入金してください。

また、外為どっとコムのFXシステムは「外貨NEX+」という名称になっていて、パソコンやスマートフォン、モバイルからログインすることができます。

そして、一度ログインして、「登録変更メニュー」を操作すると、ログイン時に口座番号ではなく、「ニックネーム」でログインができるようになりますので、セキュリティ性が向上することになります。

外為どっとコムの通貨ペアは、現在のFX取引業者の中でも少ない12通貨ペアとなっています。

しかし、珍しい通貨としては「香港ドル/円」や「米ドル/スイスフラン」などがあります。

それでは、外為どっとコムで取引が可能な12通貨ペアについて紹介していきます。

「米ドル/円」
「ユーロ/円」
「豪ドル/円」
「英ポンド/円」
「NZドル/円」
「カナダドル/円」
「スイスフラン/円」
「香港ドル/円」
「南アフリカランド/円」
「ユーロ/米ドル」
「英ポンド/米ドル」
「米ドル/スイスフラン」

の計12通貨ペアとなっています。

通貨ペアの数は少ないですが、日本円を主軸とした通貨ペアが9種類もありあすので、日本円をメインで取引をするのなら問題なく取引が可能かと思われます。

ただスプレッドの狭さも、そこまで狭いというわけではないので、頻繁にトレードを行うほどではありません。

それに、スワップポイントに関しても、プラスとマイナスの額が同じなのは嬉しいですが、全体的にやや低目となっています。

そのため、情報量では、国内FX取引業者の中でもかなり優秀なのに、実際の利用者の数となると、軒並み少なくなってしまうのがマイナスです。

そのあたりのことも良く考えて取引をするように心がけてください。
通貨ごとの証拠金の額
証拠金の額というのは、掛けているレバレッジによって大きく変わってきますので、確実な金額は挙げることができないのですが、レートが100円で1万通貨の取引の場合、レバレッジが1倍だと証拠金の額は100万円が必要です。

しかし、レバレッジが25倍の場合だと4万円の証拠金で取引ができるので、証拠金の額は大きく変わります。

また、レートというのは毎日変動するものなので、1日の開始時に証拠金の額が決定します。

そのため、1日の途中で大幅なレートの変動があっても、最初の通りの証拠金となってしまいますので、それに関しては注意してください。

例えば、近年では、サブプライム問題がありましたが、あの時も、数時間で数円というレートの変動がありましたが、1日の最初に証拠金を決めた額から動いていないので、実際のレートと証拠金の間に大幅な開きがありました。

証拠金の額よりも、「証拠金維持率」に気をつけて取引をしていくようにしたほうが良いでしょう。

証拠金維持率が低下してしまうと、ロスカットされてしまう危険があるので、それだけでは避けて取引をするようにしてください。

外為どっとコムでは、通貨ペアの数も少なめになっているので、ほとんど変わらないといった状況になっています。
電話取引のみに手数料がかかる
外為どっとコムでは、FX取引業者にしては珍しく、取引の際に手数料が掛かります。

但し、電話取引のみに手数料がかかりますので、パソコンやスマートフォン、モバイルなどを利用した、オンライン取引の場合には、全ての手数料が無料となっています。

電話取引の場合では、以下の手数料が掛かってしまいます。

1万~99万通貨の場合は1万通貨につき片道1,000円、
100万~299万通貨の場合は1万通貨につき片道800円、
300万~499万通貨の場合は1万通貨につき片道600円
500万通貨以上の場合は1万通貨につき片道500円かかります。

例えば、500万通貨の取引を電話取引で行う場合には、「500×500」で片道25,000円の手数料が掛かることになります。

さらに、手数料のほかに、「スプレッド」が手数料のようなものになってきます。

現在、「米ドル/円」のスプレッドは1銭となっていますが、これは1万通貨分の米ドルの往復をした際に100円の手数料が掛かるのと同じことです。

そのため、1日に100万通貨を取引した場合には、毎日1万円を手数料として払っているのと、同じことになります。

外為どっとコムのスプレッドは、一番狭いもので1銭となっているので、他のFX取引業者から比べると、少々広いものとなっています。

デモ口座の使い方
外為どっとコムのデモトレードでは、トレードの方法が学習できる内容になっているのですが、あくまでも、使い方が「デモユーザー」として利用できるだけなので、実際のレートとは大きく異なりますし、実際に通貨を持っての取引ができるわけではありません。

そのため、実際の取引として利用する「デモトレード」ということではなく、あくまでも外為どっとコムを利用する上での「デモ画面」というように捉えたほうがいいでしょう。

レバレッジの掛け方や、証拠金の額も、現在とは異なる額になっているので、デモトレードを行うと思って利用すると、全然違うということにもなりますので、あくまでも、「取引画面の使い方」だと思ってください。

また、注文画面に関しても、実際とは異なる部分も多く、このデモ画面を見るなら、実際に口座の開設だけして、入金はせずに、取引画面を見たほうが分かりやすいかもしれません。

マーケット情報やロイター情報も見ることはできますが、「こんな感じで見れます」というようなデモ画面なので、実際の画面とは大きく異なってしまいます。

取引中の数字を見る限りは、サブプライム問題で世界の金融が揺れた時期のレートに近いような気がします。

外為どっとコムのキャンペーンを紹介
現在、外為どっとコムでは、主に2つのキャンペーンが開催されています。

2つのキャンペーンに共通しているのは「取引高によってキャッシュバックが得られる」というポイントです。

一つは定番の口座開設キャンペーンです。他の口座開設キャッシュバックより外為どっとコムはもらえる額が20000円と高いです。(2013年6月29日現在)

.キャッシュバックの条件は「外貨ネクストネオ」への初回入金額として10万円以上を入金。「外貨ネクストネオ」にて新規注文で取引する事です。

50万通貨以上 ~ 20,000円
30万通貨以上 ~ 50万通貨未満 10,000円
10万通貨以上 ~ 30万通貨未満 6,000円

となっています。これは一度の取引でなく、期間中の合計の取引量になります。

この2つがクリアされて初めてキャッシュバックを受け取ることできるようになります。

さらに外為どっとコム特有の無限大キャッシュバックというキャンペーンをやっています。(2013年7月1日(月)午前7時 ~ 2013年8月1日(木)午前5時55分)

これは、「外貨ネクストネオ」対象7通貨ペアの「1回50万通貨以上の取引の度に、その通貨ペア・取引数量に応じた特典金額を加算して最終的な合計金額をキャッシュバックされるキャンペーンです。

取引回数の上限がないので何度でも受け取れます。

しかし、50万通貨以上とヘビーユーザー向けなので、あまり対象になる人は少ないかと思います。

ドル/円でのキャッシュバック例
300万通貨以上~350万通貨未満 1,200円
250万通貨以上~300万通貨未満 1,000円
200万通貨以上~250万通貨未満 800円
150万通貨以上~200万通貨未満 600円
100万通貨以上~150万通貨未満 400円
50万通貨以上~100万通貨未満 200円

外為どっとコムのロスカット
外為どっとコムでは、2種類のロスカットが存在します。

1つは、「ロスカット」となっていて、ポジションを保持している間に、証拠金維持率が30%を下回ったときに、強制決済されるシステムになっています。

もう一つは「NYC(ニューヨーククローズ)ロスカット」と呼ばれていて、ニューヨーク市場がメンテナンスに入る時点で、全体保証金率が4%を下回っていた場合に、ロスカットが執行されるということになります。

もう一つ注意して欲しいのが、ニューヨーククローズ時に証拠金維持率が100%を切っていると、追証をするかポジションを決済する必要があります。

追証をするだけの余裕が無い場合は保有しているポジションをいくつか決済することで、証拠金維持率を上げることができるようになります。

ロスカットされてしまうと、それまでに耐えてきた苦労が水の泡になるので、ロスカットされてしまうぐらいなら、自分から損切りした方が、資金も残せますし、精神的なダメージを負わないので、次の投資に切り替えることができるようになります。

ロスカットは30%に設定されていますが、30%~50%の中で、10%刻みに自分で設定できるので、万が一のときに少しでも資金を残しておきたいという方は、50%に設定しておいたほうが良いでしょう。

チャートの使い勝手について
チャートに関しても、通常の「為替チャート」の他に、高機能のチャートも用意されています。

しかし、そのチャートを利用するためには、「FXVision」が利用できる状態にないと、チャートが利用できなくなっています。

通常のチャートでは、ローソク足のみで、「ティック、1分足、5分足、15分足、60分足、日足」の中から選ぶことしかできませんが、高機能チャートでは、自分だけのチャートを作ることもできるようになっています。

また、比較チャートなども利用することができるので、自分独自のチャートを作成することもできます。

チャートとニュースを連動させることもできるので、何の経済指標が合ったときに、どの通貨がどのような動きをしたのかも、まとめることが可能になっています。

過去のデータを集めることで、FXの学習にもなりますし、世界全体の流れを掴むことができれば、一流トレーダーへの道の第一歩を踏み出したのと、同じことでしょう。

基本的に、背景色やテキストのフォントサイズも予め設定されていますが、「基本設定」も弄ることができるので、様々なカスタマイズを施すことが可能になっています。

チャートだけでなく、テクニカル分析も使用することで、独自のチャートを作ってください。

外為どっとコムのレバレッジ
外為どっとコムでは、個人口座での最大レバレッジが25倍となっています。

この倍率は日本国内のレバレッジの最大倍率となっています。

外為どっとコムでのレバレッジは「1倍、2倍、5倍、10倍、20倍、25倍」から選択できるようになっていて、1倍を選択した場合は「外貨預金型注文」となります。

最初のうちは、ロスカットの問題や、大きな損失を防ぐためにも、できる限り低いレバレッジでの取引をオススメします。

海外のFX取引業者の中には、最大レバレッジが1,000倍にもなるFX取引業者がいますので、それに比べると、かなり低い部類に入ります。

また、外為どっとコムでは法人口座を作っても最大レバレッジが25倍までという珍しい業者になります。

通常、法人口座の場合だとレバレッジ100倍~400倍が普通なので、法人口座なのに、レバレッジが25倍というのは本当に珍しいです。

レバレッジを掛けすぎると利益も大きくなりますが損失も大きくなってしまいますので、十分に気をつけてみるようにしてください。

外為どっとコムでは、最小取引通貨数が1,000通貨から取引が可能ですが、1,000通貨でもレバレッジを掛けることが可能ですので、安心して取引をしてください。
外為どっとコムのスプレッド一覧
外為どっとコムのスプレッドは、日本円での取引に関しては「銭」となっていて、米ドルでの取引に関しては「pips」になっています。

全体的には、そこまでスプレッドが狭いということも無く、FX取引業者全体から見ても、標準とされるスプレッドになっています。

また、通貨ペアによればかなり広めのスプレッドとなっているので、取引をする際には気をつけてください。

以下が12通貨ペアのスプレッドとなります。

「米ドル/円」=0.5銭 上限0.8銭
「ユーロ/円」=0.9銭 原則固定
「豪ドル/円」=1.9銭 上限3.9銭 原則固定
「英ポンド/円」=1.9銭 原則固定
「NZドル/円」=2.9銭 上限4.9銭
「カナダドル/円」=3.9銭 上限5.9銭
「スイスフラン/円」=2.9銭 上限4.9銭
「香港ドル/円」=2.9銭 原則固定
「南アフリカランド/円」=2.9銭 上限4.9銭
「ユーロ/米ドル」=0.9pips 原則固定
「英ポンド/米ドル」=2.9pips 上限4.9pips
「米ドル/スイスフラン」=1.9pips 上限2.9pips

以上となっています。

前よりは狭くなったとはいえ、まだ主要国内のFX業者と比べると広い部分もあります。狭いところでは、これの半分以下のスプレッドのところも沢山ありますので、やはり、狭いとは言い難い広さでしょう。

そのため、デイトレーダーには少々取引のやりづらいFX取引業者となっています。

外為どっとコムでは、情報量が多いので、その情報を見るのは有益かと思われます。

FXシステム
外為どっとコムのFXシステムは「外貨NEX+」というシステムと、「FXVision」という2つのシステムがあります。

「外貨NEX+」というシステムでは、一般的なFX取引の画面となっていて、ほとんどの部分で「固定」になっています。

そして、「FXVision」のシステムでは、自分の好みに合わせて画面をカスタマイズできる機能になっていて、ニュースやテクニカルチャートなどを好きな場所に配置することができます。

ただし、この「FXVision」は利用するのに、いくつかの条件があります。

まず、「1.取引での条件」では、一度に1万通貨以上の取引を月間3回以上した方は翌月に無料で利用することができます。
また、自動的に利用できるようになるのではなく、公式サイトから申請をして利用するという流れになります。

次に「2.預かり金での条件」では、毎月20日クローズまでに、残高が50万円以上の方は、翌月に無料で利用することができます。

この2つの条件のほかにも、月額1,500円を支払うことで利用することが可能ですので、希望の方は、サポートセンターに問い合わせてください。

また、「FXVision」は、Javaアプレットを利用しますので、JAVAのダウンロードが済んでいない方は利用することができないので注意してください。

外為どっとコムのテレビCM
外為どっとコムのコマーシャルは、「世界は繋がっている」ということを再認識させてくれるコマーシャルになっています。

30秒CMが2つあるのですが、一つは「中国」と「イギリス」、そしてもう一つは「デンマーク」と「東京」に、なっていて、遠く離れた国でも、金融や世界情勢という点で見ると、全てが繋がっているというCMです。

CM中ずっと流れているCMソングは「及川リン」さんのCMオリジナル曲となっています。

このコマーシャルは、2009年~2010年の間に放送されていたもので、現在では放送されているのは見ることができません。

現在ではYouTubeにて、1つだけ動画が残されているので、その動画以外にはもう見ることは叶わないでしょう。

楽曲も公開されていないので、CDはおろか、iTunesでもダウンロードはできません。

FXというのは、世界の通貨価値の変動に敏感でないとやっていくことはできません。

どこかの国の、要人の発言によって激しくレートが変動するものなので、常に世界情勢をチェックしておかなければなりません。

近年では、スイスフランがわずか2時間の間に7円も暴落するという事件も起きました。

この暴落も、経済指標の発表がされてすぐの話ですので、経済指標の発表や、雇用者統計の発表時には、取引画面を常に睨んでいるのがいいのではないでしょうか。

モバイル版の利用方法
外為どっとコムのモバイル版は、シンプルなページになっています。

レートもページに進めば一覧で見ることができるようになっています。

しかし、リアルタイムで連動しているわけではないので、現在のレートが知りたい場合には、毎回ページを読み込み直さないといけません。

モバイル版でも、パソコン版と同じく、全ての操作ができるようになっているので、外出先のちょっとした時間でも、取引を行うことが可能になっています。

しかし、モバイル版の場合だと、パソコン版やスマートフォン版に比べて、操作性の面では劣ってしまいます。

毎回何の動作をするのにもページを移動しないといけないので、「今!」というタイミングで取引ができないのがデメリットになります。

ニュースやマーケット情報も確認できるので、経済指標の発表に合わせて取引を行うようにスタンバイすることもできます。

チャートも、簡単なものではありますが確認することが可能です。

注文画面でも、成行や指値、逆指値での注文も可能になっているので、モバイル版で指値で注文しておき、パソコンでチェックするということもできます。

ページを読み込むのは軽くなっているので、その部分に関しては快適な操作性が実現しています。

最初のログイン画面をブックマークしておくと、いつでもログインができるようになるのでオススメです。
スマートフォンでの利用方法
外為どっとコムでは、iPhoneだけでなく、スマートフォンなら、パソコンと同等の注文機能が利用できるようになっています。

パソコンと同じく、ワンタッチでできるスムーズなトレードや、新規注文、決済注文もワンクリックで可能です。

さらに、豊富なニュースやレポートはパソコン版と同じように利用することができて、豊富な機能を携えたチャートは最大3分割できるようになって、もちろんスマートフォンらしく縦横の切り替えにも対応しています。

さらにテクニカルチャートまで利用することができるので、あなたの取引スタイルに合った方法で取引をすることが可能です。

モバイル版とは違い、流れるようなアクションで取引が可能になっています。

成り行きで購入しても、スリッページまで考慮して取引が可能なので、安心して取引ができます。

「週間予測カレンダー」というものもあり、ここには、一週間の経済指標の発表を一覧化したデータベースになっています。

毎日更新される上に、前回の経済指標の発表から予測も立ててくれるので、それをアテにしすぎるのもどうかと思いますが、一つの目安にすることはできるのではないでしょうか。

iPhoneにAndroid、iPadにiPod touchなど、様々なツールで快適な取引をしてください。

-FX業者比較一覧

Copyright© 【FX入門】現役トレーダーが教えるFXの始め方 , 2020 All Rights Reserved.